子育てミニバン比較ランキング2018|〇×評価で分かりやすい!

【室内の広い車】スライドドアミニバン比較ランキング2018

      2018/02/05

ミニバン比較ランキング』では、スライドドア搭載のミニバンをいろんな項目で比較しています。こちらのページでは、室内が広い車の順番にランキング表示しています。

室内の広い車ランキング2018

スライドドアミニバンランキングボディサイズの大きい車がやはり室内も広いですね。しかしMクラスの日産セレナとホンダ・ステップワゴンが上位に食い込んできました。つまりボディサイズは小さめなのに室内は広々としているということになりますね。

順位 車種 定員 新車価格 室内の広さ
(長さ×幅×高さmm)
室内容量 中古車検索
1位 トヨタ「アルファード」
トヨタ「ヴェルファイア」
7/8 319万 3210×1590×1400 7.1㎡ 中古車検索
2位 日産「新型セレナ」 8 243万 3240×1545×1400 7.0㎡ 中古車検索
3位 ホンダ「ステップワゴン」 7/8 245万 3220×1500×1425 6.8㎡ 中古車検索
4位 ホンダ「オデッセイ」 7/8 276万 2935×1625×1325 6.3㎡ 中古車検索
トヨタ「ヴォクシー」
トヨタ「ノア」
トヨタ「エスクァイア」
7/8 246万 2930×1540×1400 6.3㎡ 中古車検索
6位 日産「エルグランド」 7/8 321万 3020×1580×1275 6.0㎡ 中古車検索
7位 トヨタ「エスティマ」 7/8 331万 3010×1580×1255 5.9㎡ 中古車検索
8位 三菱「デリカD:5」 7/8 240万 2915×1505×1310 5.7㎡ 中古車検索
9位 ホンダ「新型フリード」 6/7 188万 3045×1455×1285 5.6㎡ 中古車検索
10位 トヨタ「シエンタ」 6/7 168万 2535×1470×1280 4.7㎡ 中古車検索

※1~3位・・・◎、4~6位・・・○、7~9位・・・△、10位・・・×
※室内の長さ+横幅+高さの合計が大きい順に並んでいます。
※当サイトで表記されている価格は、各車種の最低価格となります。価格は、小数点以下を四捨五入して表示しています。
※2016年、日産「新型セレナ」、ホンダ「新型フリード」を追加しました。

室内の広さは、荷室の広さに影響してきます。室内を大きく確保しているミニバンは、荷室が狭くなっているので注意しましょう。

同じミニバンでも、ハイブリッド車かガソリン車かで若干数値の違いが出る場合があります。ハイブリッド車はモーターの設置にスペースが必要になるので若干狭くなる傾向にあります。

新型セレナはフルモデルチェンジで、ステップワゴンと順位が入れ替わり3位になりました。新型フリードは、1~3列目のシートの間隔を先代フリードよりも9cm室内が広くなりました。

エスティマはLクラスミニバンですが、SSクラスのシエンタやフリードよりも室内高が低く、室内が狭くなってしまっています。

こだわり比較ランキング

スライドドアミニバンランキング子育て真っ最中の方必見。子育て家族におすすめのスライドドア搭載ミニバンを価格、燃費、人気、馬力などを徹底比較しています。

子育て家族に一番おすすめのミニバンをどかんと紹介しちゃいますので、子育て家族の車選びにお悩み中の方、ぜひ参考にしてみてくださいね。『安い・広い・低燃費・運転しやすい』ミニバンが一目でわかります。