子育てミニバン比較ランキング2017|〇×評価で分かりやすい!

2017年最新ミニバン比較ランキングを発表します。子育て家族におすすめのスライドドア搭載ミニバンを燃費・価格・人気などを徹底比較してランキング!

マツダ・プレマシー(MAZDA.PREMACY)は16.2km/L【7人乗り】のメリット・デメリット(欠点)

      2017/06/14

【ときどき長距離・4人家族向き】女性でも運転しやすい!
室内が狭いので大人数には不向きですが、低燃費で値打ち♪

マツダ・プレマシーの全体画像

ボディサイズが小さめで、車高も低いので高速走行時やカーブを曲がるときなどふらつきも少なく運転しやすいです。
ミニバンの中では、小回りも利くので運転が苦手な女性にもおすすめの車と言えるでしょう。ですが、コンパクトサイズなので、室内が狭いのが難点です。

第17位
マツダ・プレマシーの全体画像
マツダ・プレマシー
7人乗り・5ナンバー
2.0ℓ

価格 燃費 2016年
人気
馬力 室内広さ
荷室広さ
操作性
安全性
とても良い 少し残念 少し残念 少し残念 残念 良い
200万~ 16.2
km/L
圏外 151馬力 良い 残念

プレマシー利用者の口コミ評価はこちら

プレマシー20CS(2代目)の口コミ・評判

※1~5位・・・◎、6~12位・・・○、13~17位・・・△、18・19位・・・×。

マツダ・プレマシーのメリットデメリット(欠点)

メリット

最小回転半径が5.3mで小回りが利いて運転しやすい
アイドリングストップで無駄なガソリン消費を抑え、16.2km/Lの低燃費
普段は6人シートでゆったり座れ、7人乗りにもできる
2列目は、270mmスライドでき、足を組んで座れる広さ
車内の至る所(14箇所)に収納があり使い勝手が良い
本体価格202万円から購入できる、お値打ちな車

デメリット

車内が狭いので、3列目を普段使いすると窮屈かも
排気量2.0ℓ、馬力151とちょっとパワーに不安あり

プレマシーの中古車を探す

マツダ・プレマシーのメリット

低燃費で経済的

goodマツダのスカイアクティブ テクノロジー搭載モデルは高圧縮比にすることでエンジンの段階でエネルギーを最大限に引き出し、パワフルなエンジンと16.2km/L(JC08モード)の2Lミニバントップクラスの優れた燃費性能を実現しました。

低回転から粘り気のあるトルクが出る高圧縮エンジンで最大出力151馬力のパワーのある走りを実感できます。走りの性能と燃費の両方を備えて、環境・安全性能共に優れたミニバンです。また2WDの20CSは185万、SKYACTIV-Gモデルは200万からと7人乗りサイズのミニバンでは手頃な本体価格となっています。

コンパクトで女性にも運転しやすい

goodプレマシーは全長×全幅×全高が4585×1750×1615mmとホンダのフリードについでコンパクトな設計になっています。フリードは馬力が118馬力とパワー不足は否めないですが、プレマシーは小柄なボディにパワーもあり走りが楽しくなる車です。

狭い場所でも余裕の最小回転半径5.3mで、小回りのよさで女性にも運転しやすい車です。車体も軽く、加速、ハンドリングも良く、高速走行も安定しています。4~5人乗りのファミリーカーに適しています。

スライドドアからのスムーズなアクセス

goodプレマシーの20S-SKYACTIV L Packageは両側パワースライドドアが標準装備され、20C、20S、20C-SKYACTIV、20S-SKYACTIVでは助手席側のパワースライドドアが標準装備されています。開口幅686mmで大きく開くスライドドアは、狭い駐車場や子供を抱いているときでも楽に乗り降りができます。

リクライニングレバーのワンタッチ操作で、セカンドシートの背もたれが前に倒れながら前方へ移動し、ドアからサードシートへ直接アクセスできます。 またセカンドシートの左右席にチャイルドシートを装着した状態でも、室内の中央を通ってサードシートへ移動できます。

収納もできる!7人乗りとアレンジできるカラクリシート

goodプレマシーは、助手席側のセカンドシートから7つめのシートを引き出せる「カラクリ7thシート」で、6人乗りから7人乗りへと素早くアレンジできます。普段は6人乗り仕様でゆったり使い、急に人数が増えた時などは必要に応じて座席が増やせて便利です。カラクリ7thシートも3点式シートベルトを装備し、安全性能も問題ありません。

また運転席側のセカンドシート座面には「カラクリ収納ボックス」が隠されていて、子供のおもちゃなど小物を収納できます。

マツダ・プレマシーのデメリット

室内の広さが物足りない

残念プレマシーは長さ×幅×高さが2565×1490×1240mmと、フリードに比べると外寸が大きいのに関わらず室内は狭くなってしまいます。3列目シートの空間も圧迫感があり、3列目シートは基本的には折りたたんで、ラゲッジスペースを広げて使用する方が快適です。

後部へのウォークスルーも一応できるものの、幅が狭いので大人だと通り抜けは少し厳しいものがあります。サイドブレーキも真中にあるので後部への移動に不便です。

実燃費性能に疑問の声が多い

残念各オーナーのレビューなどをみていくと、実燃費は8~9km/L程度という声が多く見られます。そのためもう少し燃費向上を求める声があがっています。

ただしスカイアクティブを搭載した現行モデルなら公称16.2km/L、実燃費を計測したレポートでも平均13.1km/Lと燃費性能も向上していますから、燃費重視ならスカイアクティブ搭載モデルを選択する方がよいでしょう。


マツダ・プレマシー後ろ画像

マツダ・プレマシーの全体画像
マツダ・プレマシー 2013年1月発売モデル
新車価格: 2,008,800円~
燃費: 16.2km/ℓ
乗車人数: 7人

中古車は、壊れるの不安じゃないですか?
修理歴なし・100日返品保証・最長10年保証
安心なのはガリバーだけでした。
↓↓↓

買わなくてOK!
非公開在庫をたっぷりチェック