子育てミニバン比較ランキング2017|〇×評価で分かりやすい!

2017年最新ミニバン比較ランキングを発表します。子育て家族におすすめのスライドドア搭載ミニバンを燃費・価格・人気などを徹底比較してランキング!

新型アルファードの口コミ評価/実燃費8~9km/L程度

   

新型アルファード所有者の吉川さん44歳・男性会社員の方に、口コミ評価を聞いてみました。

新型アルファードの全体画像

トヨタ・アルファード2.5SCパッケージ
【オプション】ツインムーンルーフ
【値引き】なし
【購入時期】2015年1月
【家族構成】夫婦、子ども14歳、15歳
【利用シーン】買物・レジャー・送迎

アルファード・ハイブリッドの口コミ評価

アルファードの購入理由

以前は同じくトヨタのヴェルファイアに乗っていたのですが、そろそろ変え時かなあっと思って買い換えました。もちろんヴェルファイアも気にいていましたが、新車を買って4年乗ると計算したら私が48歳になるまで乗ることになります。

ヴェルファイアは少々若者向けなイメージもあるので同じミニバンでもアルファードの方が大人っぽくて上品なイメージがあるので今回アルファードを購入しました。子供がアメフトをやっていて迎えに行くときに他の家の子供も乗せることがあるので広々とした車が欲しかったのでアルファードを選びました。

アルファードの使い勝手

電動スライドドアについて

アルファードのみならずミニバンを買うときは電動スライドドアの故障についてよく注意されますが、今まで長い間ミニバンに乗ってきましたが、故障はありませんでした。2015年の1月に買ったアルファードも購入から9カ月程立ちますが、今のところ故障はありません。問題というほどではありませんが、親戚の110cmぐらいの小さい子を載せるときアルファードの車高が高いせいかドアを開けるのに戸惑っていることがあります。

2列目ウォークスルーに関しましては快適に使えています。中学のアメフトをやっている息子がいますが、荷物を持っていなければ普通に通れます。ヴェルファイアに比べて3列目が狭い分2列目から3列目の間が少し狭くなった分、少し窮屈に感じるかもしれませんが、個人的には問題ない範囲です。

3列目の広さ

私が乗っているS Cパッケージの場合7人乗り、横幅1850mm、室内1585mmとなっております。まあ一番後ろの3人席は男性3人座るには少し狭いかなといった感じです。しかし、横幅に関して言いますと国産ミニバンの中では広いほうです。同じトヨタのエスティマよりちょっと余裕があります。座り心地はとてもいいです。本革のしっとりした感じが好きです。

長い時間運転する場合はドイツ車のシートの方が付かれませんが、アルファードも居住性に優れており不愉快に感じたことはありません。足元も広々と使えます。2列目はカウチソファまでとはいきませんが、リクライニングを使えば飛行機のビジネスクラスの席ぐらいの心地よさはあります。3列目は先ほども言いましたが、ヴェルファイアより少し狭い分、足を延ばせる空間が背の高い男性の場合窮屈に感じると思います。

荷室(トランク)の使い勝手

3列目を使っている時でも奥行22~25cmはあるので普段の買い物には問題ありません。ゴルフバッグもサイズによりますが、縦にする、テトリスのようにうまく重ねて積めば3個は普通に入ります。4つは少しきついかなって感じはします。3列目を収納しますと一気に奥行が広がります。スノボーとかは斜めにすれば入ります。

ただ注意してほしいのが三列目をたたむと左右にシートが収納されるのでその分幅が狭くなります。トランクから手前の25cmほどは横幅125cmほどのスペースがあるのですが、シートが収納されているスペースは横幅100cmほどしかありません。高さは120cm程あるので結構便利です。趣味でサイクリングに行く時3列目をのけて、2列目も詰めれば自転車を入れることが出来るので気に入っています。

強いて不満があるとするのならトランクに息子が部活で使うアメフトのボールを置くとトランクを開けた時に転がり落ちることがある点です。ボールならいいのですが、高価なものを買った時にトランクを開けた際、地面に落ちてしまう可能性がありますので、ラゲッジネット、ゴム製のフロアマットなどを買って事前に対策しておくことをお勧めします。

シートアレンジに関してトヨタはとても優秀です。対面に出来たり、2列目も前に詰めて自転車を収納したり、全席フラットにしてベッドみたいにしたりできます。

アルファードの便利な点

シートアレンジがとてもいいです。先ほど説明した通り工夫次第で自転車など大きなものを入れることが出来る点がとても気に入っています。

政治家やセレブの送迎者として利用されることもあるので、居住性については全く問題ありません。性能はほぼ変わらないのですが、ヴェルファイアに比べて落ち着いた外見ですし、内装のシートの縫い目なんかも上品さを感じます。日本車によくある問題なのですが内装にプラスチックを使いすぎているかなって感じることはあります。

さらに上位グレードやオプションを足せばより高級感のある内装にすることも可能です。ドイツ車やイタリア車の内装の見た目には負けますが、ミニバンの中では高級モデルなので居心地はとてもいいです。サルーンというのにふさわしい乗り心地です。

燃費はリッター11.4kmですが私が運転した場合実質8~9kmほどになります。個人差はあると思いますが、S Cパッケージはほかのアルファードに比べて燃費では劣ります。ハイブリッドとなると18.4kmと大変よくなります。

6気筒ではないのにとても静かなのに驚きました。静かですがちゃんとパワーもあり坂道もすいすいと登れます。総合的に見てとても満足しています。私が選んだオプションにツインムーンルーフがありますが、正直無くてもいいです。

ちょっと室内が明るくて開放感があるように感じますが、下取りの時に高くなるので付けても損はしないので付けています。コストパフォーマンスが良く星5つで評価するのなら、星4~4.5は上げたいです。同じトヨタ車のミニバンでエスティマやノアと迷っているのであればアルファードをお勧めします。とにかく日本車のミニバンを選ぶのであればアルファードで公開することは無いと思います。

アルファードの残念な点

そこまで不便に感じてはいませんが、カップホルダーが少々浅いです。ペットボトルならふたが出来るのでいいのですが、スターバックスの大きめのサイズだと、揺れるとこぼれそうで怖くなる時があります。1列目はまだ大丈夫ですが、2列目のカップホルダーに不満を感じています。あとはもうもう少し内装のプラスチック感を改善してほしいです。

アルファードはどんな人におすすめ?

子供が2人以上いる方、知り合いや友人を載せる機会が多い方、アウトドアが好きな方など様々な方にとって便利な車になるはずです。所有している年齢層も広いですし所有していることがマイナスのイメージに繋がることもないと思います。町でも静かなので近所迷惑になりませんし、高速でも居住性が良いのでストレスを感じずに乗ることが出来ます。とにかく乗っていて気持ちがいい、スペースを有効活用することで様々な種類の荷物に対応できるという点がとても気に入っているのでお勧めします。

新型アルファードの良い点・欠点まとめ

新型アルファード・ハイブリッドの良い点・欠点まとめ